鐘鳴日記

かねがなるにっき。趣味の記録が主な備忘録。

安野光雅展【美術館の鑑賞記録/MEMO】

展示名

:安野光雅展

場所

:あべのハルカス美術館

期間

:2023年9月16日(土) ~ 11月12日(日)

時間

:火水木金/10:00 ~ 20:00(入館は19:30まで)

:土日月祝/10:00 ~ 18:00(入館は17:30まで)

料金

:一般/1,600円

:大高生/1,200円

:中小生/500円

混み具合

:多い

 

 

 

印象に残った作品

作品名:ふしぎなえ

安野さんのデビュー作。文章がない絵本ですが、トリックアートみたいでおもしろいです。個人的には『ふしぎな さーかす』も好きです。

 

作品名:もりのえほん

一見ただの草木が生い茂る森の風景。よく見ると『います』。

 

作品名:天動説の絵本 -てんがうごいていたころのはなし-

雰囲気を作るために、紙をわざとボロボロにしたそうです。すごい拘りですね。

 

作品名:旅の絵本 Ⅵ

絵本作家・アンデルセンの故郷。よく見ると、空想と現実がごちゃまぜになっていて、ありえない光景も描かれています。おもしろいです。

 

『旅の絵本』シリーズは全10巻あり、展示されているのは6巻のデンマーク編でした。

 

作品名:蚤の市

細かいです。何が売られているのか意識して見ると楽しかったです。

 

 

 

買った物(計5点)

ポストカード 4枚

:各110円(税込)

絵本 ふしぎな さーかす

:990円(税込)

 

感想・メモ

島根県津和野町出身の絵描き・安野光雅(あんのみつまさ)さんの代表的な作品が展示されている展覧会。

 

一度は中止になりましたが、こうして開催されたことがいろんな意味で感慨深い気持ちにさせられます。

 

我が家にも一冊だけ安野さんの絵本がありました。まったく記憶にありませんけど(オイ)、私も安野さんの絵本読んで育った一人だったようです。